★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛には頭蓋仙骨療法(クレニオセイラクルセラピー)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2014年05月22日

整体の3つのジャンル

一口に整体といっても目的が大きく異なります。
ここでは一般的な3つの目的についてご紹介します。

1.改善系の整体
これは肩コリや腰痛など不快症状を「改善」させることを目的としたものです。手技的にはカイロなどと似た要素があいます。

2.リラクゼーション系の整体
例えばチラシやHPに「癒し」とか「リラックス」という表現が多ければ、それは不快症状を改善させることよりもリラックスさせることを目的とした施術になります。手技は同じようですが、どういう効果をもたらすのかが違ってくるわけです。

3.美容系の整体
これは小顔とかO脚矯正とか所謂美容的に改善させることを目的とした施術です。ですので、腰痛に悩んでいる人が小顔の整体を受けても効果がないことになります。

中にはすべてのジャンルを扱っている施術院もありますが、自分の目的と合っているのか…この3つから見極めていただければと思います。

当院(整体ヨガ研究院)は「改善系」の施術となります。
適応症状などはHPをご覧ください。




◆小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆
特典・キャンペーン情報はこちら
冷え性・偏頭痛・不眠・肩コリ・腰痛・便秘などご相談ください!
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。

◆女性のためのヨガカラテレッスン◆
火の呼吸と護身術が学べストレス解消できる女性向けレッスンです!
詳細はこちら

◆女性・初心者に優しい武術空手修気道【東京都中野区】◆
火の呼吸や意拳の技術を取り入れて疲れない身体を創り、脳も活性化させます!
修気道が持っている唯一のメソッドはこちら


ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 11:00| 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹式呼吸のメリット

呼吸法には大きく分けて「腹式呼吸」と「胸式呼吸」があります。

どちらにしても吸った酸素は肺に取り込まれるわけですが、その時に胸を大きく広げるようにすれば胸式、お腹を膨らませるようにすれば腹式になります。

一般的に深呼吸といえば胸式をイメージすると思います。

ヨガの呼吸法でも流派によってどちらを主流に練習するかは変わりますが、それは何を目的として呼吸をするのかとも関わってきます。

男女で言えば、女性の方が通常の無意識の呼吸が胸式が多いと言われています。

それでは腹式のメリットとは何でしょうか??

女性にとっても有効な効果が多くあります。

・インナーマッスル強化・・・腹式では大腰筋というインナーマッスルが使われますので、深部腹筋が鍛えらて体脂肪燃焼に役立ちます。

・冷え性の改善・・・腹式を続けるとお腹が温まってきます。それだけ腹部に血液が集まった証拠ですね。身体が温まれば代謝もアップします。

・ストレスの軽減・・・ストレスがかかると呼吸が浅くなります。そうすると脳も酸欠になってきますので、集中力が欠如してしまいます。腹式をすれば早くストレス状態から解放されるようになります。

その他にも色々ありますが、実際に指導していて女性は腹式で苦労する場面を観てきました。

独学で練習するのは尚更難しいと思います。

当院では整体とヨガがセットになったコースもあります。
呼吸法はやり方を覚えれば自宅練習もできますので、是非ご利用ください!!





◆小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆
特典・キャンペーン情報はこちら
冷え性・偏頭痛・不眠・肩コリ・腰痛・便秘などご相談ください!
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。

◆女性のためのヨガカラテレッスン◆
火の呼吸と護身術が学べストレス解消できる女性向けレッスンです!
詳細はこちら

◆女性・初心者に優しい武術空手修気道【東京都中野区】◆
火の呼吸や意拳の技術を取り入れて疲れない身体を創り、脳も活性化させます!
修気道が持っている唯一のメソッドはこちら


ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする