★医師も推薦!こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・不眠
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛には頭蓋仙骨療法(クレニオセイクラルセラピー)がオススメ

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2019年08月13日

肩こりと呼吸の乱れについて 【肩こりの根本改善なら花小金井の整体ヨガ研究院】

前回は緊張感による肩のコリについて取り上げました。今回は緊張感による肩こりによって起こる呼吸の乱れについてご紹介します。

緊張している時はストレス状態にあります。肩が硬くなる他に身体の反応としては、
・血圧が上がって心拍数も上昇する
・頭に血が昇ったようになる
・呼吸が浅くなる
などが挙げられます。

呼吸の乱れとは「呼吸が浅くなる」ともいえる現象です。呼吸が浅くなるということは酸素不足になります。脳は沢山の酸素を消費しますから、呼吸が浅くなると脳も酸欠状態になり、集中力が乱れミスも犯しやすくなってしまいます。

緊張した時に「肩の力を抜いて深呼吸して」と促すのは、身体の力みを取り除くためと、大きく呼吸をすることで酸素を十分に取り込むという目的もあります。前回は「なで肩」を意識することを挙げましたが、今回は呼吸の見直しと呼吸法についてご紹介します。


呼吸には、息を吸う時に胸を広げる「胸式呼吸」とお腹を膨らませる「腹式呼吸」の2パターンありますが、緊張した時には腹式呼吸がいいと思います。胸式呼吸も胸を広げるので沢山酸素が入ってくるというメリットがありますが、緊張している時は血が昇っていますからそれを落とす意味では腹式呼吸がベターです。「深呼吸」は胸式呼吸なので、意識してお腹を膨らませるのが腹式です!

また、意外に「ため息」もOKです。一般的に「ため息」ってあまりいいイメージがありませんよね。隣の人がため息していたらあまり気分はよくないでしょうし、「幸せが逃げる」なんて言われることもあります。

でも、ため息はストレス状態から解放させる身体の防衛本能ともいえるかもしれません。ハ〜っと吐くことで今度は沢山吸えることになりますので呼吸が深くなります。
ただ、嫌がる人もいると思いますので、「ハ〜」とは言わずに「フ〜」とすれば呼吸法をやっているように思われるんじゃないでしょうか??(笑)

呼吸を整えることでストレス状態から脱出するという方法はヨガや中国養生法に共通する技術ですね。当院でもセルフケアとしてそうしたアドバイスも行っています。




◆肩こりの改善なら花小金井の整体ヨガ研究院◆
公式サイトはこちら
腰痛・肩こり・頭痛などご相談ください! 頭蓋仙骨療法(クレニオセイクラルセラピー)・吸玉(カッピング)療法アリ。
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。
stockfoto_124300314_M.jpg



posted by 龍仙人 at 18:00| 心と身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

肩こりと緊張感の関係 【肩こりの根本改善を目指す花小金井の整体ヨガ研究院】

肩こりは肩だけを揉んでもダメ…何故なんでしょうか??
それは、身体の歪みによってバランスが崩れた結果として肩こりになっているからです。
デスクワークなども猫背のように姿勢が歪んだりしていませんか?

こういった事が要因の肩こりは多くの人が経験していると思います。

一方で、「心理的」な影響によって肩が硬くなるということは「経験」していながらも、どういう状態によって起こっているのかということを考える機会は少ないと思います。


例えば「緊張感」。日常生活でも緊張する場面というのは沢山あります。学生の時だったら学校の試験や入試などがありますので、ほとんどの大人は経験していることでしょう。

緊張している人を見た時にどんな声をかけますか??

多くの人が「肩をリラックスさせて深呼吸」と言うのではないでしょうか。

経験的に緊張している時は肩が力んで硬くなるというのを知っているのです。

大人になっても緊張する場面は沢山あります。

・子育て
・家事
・仕事が忙しい時
・人前で何かを表現する時

こういった時には同じように緊張感から肩が力んでいます。

厄介なのは、無意識なので中々自覚しにくいという事ですね。

だからこそ、「肩の力を抜いて」と人に指摘されないと気付かないものです。

自分は緊張するタイプだ。
普段から肩が力んでいる。

という自覚がある人は「意識してなで肩」にしてみてください。

あっ、今自分は力んでいるな、と思ったらすぐに「なで肩」です!

身体の力みを取ることが心理的な緊張感を緩和させることも可能です。

今回は緊張感から起こる肩こりについて取り上げました。

次回は緊張感によるもう一つの弊害、「呼吸の乱れ」に触れたいと思います。


◆肩こりの改善なら花小金井の整体ヨガ研究院◆
公式サイトはこちら
腰痛・肩こり・頭痛などご相談ください! 頭蓋仙骨療法(クレニオセイクラルセラピー)・吸玉(カッピング)療法アリ。
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。
stockfoto_124300314_M.jpg




◆女性・初心者に優しい武術空手修気道【東京都中野区】◆
火の呼吸や意拳の技術を取り入れて疲れない身体を創り、脳も活性化させます!
修気道が持っている唯一のメソッドはこちら
posted by 龍仙人 at 22:36| 心と身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする