★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛でお悩みの方には頭蓋療法(クラニオ)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2011年07月11日

呼吸と脳の健康

呼吸法の効果の一つとしては血液中の酸素濃度を高めるというものがあります。これによって脳の酸欠を防止するわけです。

脳が酸欠になってくると集中力の低下にもなりますし、判断力も鈍ってきます。でも適切な呼吸法によって血中酸素濃度がアップし、脳にも常に酸素が送られていれば脳の活性化にもつなかっていきます。

しかし場合によっては逆効果になることもあります。

それが「クンバカ」の練習です。ヨガの練習の中には「クンバカ」と言って呼吸を止めるものがあります。

ヨガの先生によっては重視している人もあるようで、正しいやり方と目的を持って練習すればいいのでしょうが、必要以上に長く息を止めることが脳の健康にいいかどうかとなると疑問が残ります。

脳が酸欠になると一種の幻覚を観るようになります。それを「霊的な現象」や「神秘体験」と錯覚をして進んで求めるようになってまうのも問題でしょう。

呼吸は人間が生きていくうえで必要不可欠のものです。その呼吸を意識的にしかも長く止めることが健康にいいとは思えません。

中にはストップウォッチで何分長く止められるかを競うという練習をする所もあると聞きます。

ヨガの練習が「迷走」にならないように、正しい練習法で健康を害さないようにしましょう。



整体ヨガ研究院
肩こり・腰痛・疲労に手技療法で自然治癒力アップ!
火の呼吸ヨガの講習会・レッスンも行っています/短期間で体脂肪を燃焼させ、脳も活性化させますexclamation
中野区沼袋・小平市花小金井(プライベートレッスン可)

武術空手修気道
突き・蹴りに加えて投げ・足払いも駆使する護身術。火の呼吸ヨガと中国養生法も取り入れて心身強化・脳の活性化も図ろうパンチ本部道場(中野区沼袋1分)小平支部(花小金井武道館)
女性・親子参加も歓迎ぴかぴか(新しい)

修気道オフィッシャルブログ
練習日記やイベント情報など道場中心のブログです!

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト



ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 09:45| Comment(0) | ヨガ(ヨーガ)の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。