★医師も推薦!こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・不眠
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛には頭蓋仙骨療法(クレニオセイクラルセラピー)がオススメ

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2012年02月03日

蹴りの応用

基本稽古の蹴りの応用です。これは技術を高めるというよりは身体の使い方を変化させるというスタンスでの取り組みの一例です。

前屈立ちからの前蹴りの場合。

初心者でしたら、後ろ足のつま先で床を蹴るようにして勢いをつけ、膝を抱えて蹴りを出すという動作になると思います。この方法は前への加速がつきやすく軸足にも重心が乗りやすいので形を身につけるにはいいと思います。

慣れてきたら…

後ろ足の蹴り込みを使わずにインナーマッスルを意識して膝をかかえるようにします。つまり足の付け根にある「大腰筋」という全面深部の筋肉を縮めるようにして蹴るというものです。

先ほどのとスタートの起点が変わってきます。これは予備動作がつきにくいので相手にとって反応が難しくなってくると思います。

頭の位置が変わらずに軸が通った状態で蹴れれば相手の反応速度を低下させることに役立ちます。

上級者になるととかくテクニックに走りがちです。

テクニックを向上させること自体は良い事ですが、小手先の技術にならないために、身体の使い方も変化させてバージョンアップを目指しましょう。



整体ヨガ研究院
肩こり・腰痛・疲労に手技療法で自然治癒力アップ!
火の呼吸ヨガの講習会・レッスンも行っています/短期間で体脂肪を燃焼させ、脳も活性化させますexclamation
中野区沼袋・小平市花小金井(プライベートレッスン可)

武術空手修気道
突き・蹴りに加えて投げ・足払いも駆使する護身術。火の呼吸ヨガと中国養生法も取り入れて心身強化・脳の活性化も図ろうパンチ本部道場(中野区沼袋1分)小平支部(花小金井武道館)
女性・親子参加も歓迎ぴかぴか(新しい)

修気道オフィッシャルブログ
練習日記やイベント情報など道場中心のブログです!

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト



ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 09:39| Comment(0) | 武道の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。