★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛でお悩みの方には頭蓋療法(クラニオ)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2013年10月29日

カラテでダイエット 〜身体のバランス調整A〜

それでは武道の世界では身体のバランスをどのように考えているでしょうか?

実はこれにも色々な解釈があるのです。流派によって全く逆の立場を取ることもありますが、今回紹介するのは私自身が20年以上学び体験してきたことを通じての方法ですので、絶対唯一のものではありません。その点ご了解ください。

1.上虚下実の姿勢

これは中国拳法でも重視されるものです。上虚、これは上半身はリラックスさせるという意味で、下実は下半身はしっかりと力が入っている状態を意味します。

この姿勢でいられると力みがなく自由に身体を動かせるという事につながります。

人間はストレスがかかると血液に偏りが生じます。例えば緊張している時を思い出してください。心臓がバクバクいって顔が赤くなります。この時は上半身が力んでいる状態、つまり「上虚」とは逆になってしまっていますので良い動きは出来ませんね。

他のスポーツでも同じですが、いいパフォーマンスをしようと思ったら上半身はリラックスさせる事です。

2.含胸抜背(がんきょうばっぱい)の姿勢

これもリラックスと関係がありますが、立っている時には含胸、つまり胸を緩めて、抜背、背中に張りを持たせるという事です。

通常「気をつけ」という姿勢にすると胸をピンを張って背中が反るような姿勢になりますね。これを逆にするイメージです。

他にも色々な姿勢の要求があるのですが、普段基本稽古を練習している時にはこういった姿勢を意識して身体のバランスを調整するようにしています。

次回は基本稽古における立ち方を例にしてみます。




◆小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆
割引・キャンペーン情報はこちら
冷え性・偏頭痛・肩コリ・腰痛・便秘などご相談ください!
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。

◆女性のためのヨガカラテレッスン◆
火の呼吸と護身術が学べストレス解消できる女性向けレッスンです!
詳細はこちら

◆女性・初心者に優しい武術空手修気道【東京都中野区】◆
火の呼吸や意拳の技術を取り入れて疲れない身体を創り、脳も活性化させます!
修気道が持っている唯一のメソッドはこちら



ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 11:00| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする