★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛でお悩みの方には頭蓋療法(クラニオ)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2014年05月11日

流石一流

昨日スポーツバラエティの番組にイチローが出演していましたが、インタビューの中で流石と思わせるものがありました。

それは「年齢を重ねてケガの心配があると思うが、身体のケアはどうしてるのか?」という質問に対してです。

イチローは「スポーツをしているからケガが付きもの。それも含めてのスポーツ」という考えには否定的でした。

「メジャーに対抗して身体を大きくしようとすると不自然な動きになってケガにつながる。
ケガをしないような身体創りは出来るはずだ。」

というのがイチローの答えでした。

イチロー自身、メジャーに行ってパワーをつけるために増量したそうですが、たった3キロ体重が増えただけで全くいままでの動きが出来なくなったといいます。

それからベストな動きが出来るコンディションを常に維持しているんだと思います。

これは武道にも通じるものがあります。

外国人に対抗するためパワーだけを追求して身体を大きくしたところで、所詮「土台」が違うのですから不自然な動きになります。

東洋人ならではの叡智があるはずで、武道では内功的な練習によって体力的ハンディをカバーすることが出来るんだと思います。

現在色々な身体操作法がありますが、単に自分の素材を伸ばすというだけでなく、根本から次元を変えた身体を創るというのが内功に含まれます。

筋トレで創る身体には限界がありますし、歳を重ねてずっと維持するのが無理があります。

武道で古来から受け継がれている内功をやらないのは本当に惜しいですね。
空手だの中国拳法だのジャンルの優劣こだわっているのは不毛な議論で、もっと普遍的で根源的な身体創りを目指すべきでしょう。

流石イチローというインタビューでした。




◆小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆
特典・キャンペーン情報はこちら
冷え性・偏頭痛・不眠・肩コリ・腰痛・便秘などご相談ください!
火の呼吸パーソナルレッスンもあります。

◆女性のためのヨガカラテレッスン◆
火の呼吸と護身術が学べストレス解消できる女性向けレッスンです!
詳細はこちら

◆女性・初心者に優しい武術空手修気道【東京都中野区】◆
火の呼吸や意拳の技術を取り入れて疲れない身体を創り、脳も活性化させます!
修気道が持っている唯一のメソッドはこちら


ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」


人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 15:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする