★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛でお悩みの方には頭蓋療法(クラニオ)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2007年07月23日

頭の中をブロードバンド

ヨガ効果の一つに脳力活性があります。能力というよりかは「脳力」、文字通り「脳」をテーマとした技法です。

ただ、脳の技法ばかり行っているとエネルギーが脳に集中しすぎてしまい身体とのバランスが悪くなってしまうので、最初にエクササイズで体内エネルギーを活性化させてから取り組むことになります。

脳を活性化させようと思う時にアプローチの仕方は2種類あります。

脳が命令をして体が反応するという命令系統、身体を動かすことで脳に影響を与えるという系統です。

簡単に実戦することは可能です。

まず、脳が命令をして体が反応する命令系統です。

例えば座っている時に両手を膝の上に乗せて、指先に意識をおきます。そうすると、指先に血が集まってきて「ジンジン」するような感触が生まれます。

それを感じたままの状態で手を上に挙げていきます。頭の高さまで行ってもジンジン感が途切れなければOKです。

通常手が頭より上にあれば、血は下がってくるのですが、脳が命令をすることで手に血液を集めて、その結果ジンジン感が途切れなく感じられるのです。

次に身体を動かすことで脳に影響を与える系統。

今度は片手の平に意識をおき、手の平全体でジンジン感を感じます。そのまま顔の高さに手をもってきます。手の平を顔に向ける、手の甲を顔に向ける、これをゆっくり交互に繰り返していくと、脳の中が動いているような変化を感じ取ることができます。

やってみると簡単ですよ。講習会でも大半の人が1回で感じられます。

最初は頭の中が電話回線です。クリックしても中々画面が出てこないように反応がスピーディーではありません。

それが脳の技法をやっていくうちに、ADSLから光ファイバーになってきて脳と肉体の双方向性のリンケージが強化されてきます。

ヨガにはそうした技術が沢山あります。単なる体操的な動きでは物足りなくなってきた方には是非トライしてみてください。

脳の変化を感じ取るのは面白いですよ。




ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」





人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳力アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45862028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック