★こんな症状でお困りの方はご相談ください!★

腰痛・肩こり・頭痛・冷え性
小平市花小金井の整体ヨガ研究院◆ご予約はこちら


★頭痛には頭蓋仙骨療法(クレニオセイラクルセラピー)がオススメ★

頭蓋骨の縫合を弛め、脳脊髄液の流れを整えます。
腰痛・肩こりなどの慢性症状にも適しています。詳しくはこちら
cranio.jpg

また当院では吸玉(カッピング療法)も行っています。
オリンピック金メダリストやハリウッド女優も実践して話題に!
深部の血行を良くしますので冷え性の方にも適しています。
suidama01.jpg


2007年06月27日

家庭で簡単腰伸ばし!

立ち仕事やデスクワークなど長時間同じ姿勢で仕事をしている方は腰痛を持っているケースが多いですよね。

仕事終わりにジムなどで何か運動をしている人はそこで筋肉がほぐれますので翌日に残るということも少ないと思います。

でも、疲れて運動する気になれない・・・と感じる人もいるでしょう。

腰の筋肉は張っている気がするけど、マッサージに行くほどでもない。という症状もあります。

簡単に家で出来て楽になる方法はないだろうか・・・

整体操には一人で出来るものからパートナーに補助してもらうものまで色々あります。

今回は2人でやる方法をご紹介します。

まずパートナーには仰向けになってもらい、両膝を揃えて立ててきます(足も揃ってしまうとバランスが悪いので、足は肩幅膝を揃える感じです)

パートナーの膝の上に腰を乗せて筋肉を伸ばします。

負荷のかかり具合は自分で調節できます。負荷を軽くしたい場合は自分も膝を曲げて状態もあまり反らないようにします。また、パートナーにも肩に手をかけて支えてもらうようにします。

逆に負荷を強くしたい場合は自分の膝を伸ばして状態もグッとそるようにします。パートナーも相手の肩を自分の胸の方に引きつけてくると反りが強くなります。

通称「エビ反り」整体操です。お試し下さい。
ebi-sori.bmp



ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ




posted by 龍仙人 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ギックリ腰と腸のマッサージ

突然腰に走る痛み・・・「グキッ!」その瞬間に腰が伸びなくなり動かせなくなります。

そう、ギックリ腰です。

私も過去に数回経験していますが、本当に辛いですね。何をやっても痛いし、日常のすべての動作に不自由を感じます。

軽度のものでしたら安静にしていれば痛みは軽くなりますが、そうでない場合もあります。

外出できれば専門家に診てもらうのが一番ですが、動けない状態の時もあるかと思います。

大人しく寝ていてもいいんですが、自分である程度ケアすることもできます。

それが「腸のマッサージ」です。

仰向けになって膝を立ててきます。自分の両手の指で腸をマッサージしていきます。

ポイントは時計回り。指でゆっくりお腹を押していき、深く入った所で少し止めます。そして力をゆるめて指を移動させます。

以前にギックリになった人に20分位これをやってみました。もちろん劇的に効果があるわけではありませんが、100の痛みが80くらいになるほど痛みも和らいできます。

いざという時にお試し下さい。
naizou.bmp


ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト





ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

不眠と骨盤の歪みの関係

不眠で悩んでいる方は少なくないようです。寝ようと思っていても寝れないのは辛いですよね。

軽い疲労でしたらよく寝れたりするんですが、疲れきってしまうと逆に目が冴えて寝れなくなってしまいますね。

眠りたいのに寝れない時って気持ちが焦ってきて余計に空回りしてしまいます。

安定剤や睡眠薬を常用している方もいるようですが、やむを得ない場合を除いては薬には頼らない方がいいでしょう。

確かに薬を飲めば一時的には眠れますが、常に頼らないと眠れない身体になってしまうのが危惧されます。

骨盤と睡眠にも関連性があります。一般的には骨盤は閉じた方がいいとよく言います。

これはO脚の人が多いからでしょう。日本人の80%以上がO脚だと言われています。O脚の場合は骨盤が開いてきます。O脚は足の形が悪くなることもありますが、内蔵の機能、背骨の歪みにもつながります。

ですから、骨盤を閉める運動をすること自体は支障がありません。ただ、骨盤は1日のうちで閉じたり・開いたりというリズムがあるんです。

朝は閉じて・夜は開きます。O脚の人は閉じる力が弱いですから、閉める運動をするのがよいのですが、夜はあまりやらない方がいいです。

骨盤が閉じていると身体が緊張状態になります。夜にグッスリ眠りたいのに緊張していては安眠の妨げになります。

寝る前には開脚ストレッチや足の裏を合わせて骨盤を開くような体操をやるといいでしょう。

また眠れない時は気持ちもイライラしてきます。ゆったりとした腹式呼吸をすることで気持ちも落ち着いてきます。

薬に頼る前にまずは身体の状態をリセットしてあげましょう。

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

足の長さが違う??

整体の施術をしていてよく感じることですが、足の長さが違う人は多いですね。そういう私もそのタイプです。

えっ!! 足の長さって変わるの??

と疑問に思っても不思議ではありません。現実的には足そのものの長さが違うのではなく、骨盤の歪みが原因です。

例えば立っている時に常に片側の足に重心がかかっている場合。体重がかかっている側の骨盤の方が高くなりますよね。

骨盤が上にズレた分だけ足の長さも違ってくるんです。これは全身の歪みにもつながります。

左足に常に重心がかかっていると骨盤も左に上がってきます。この状態が長く続くと体が右に傾きますので、バランスを取ろうとして背骨が左に傾きます。次に首がバランスを取ろうと右に傾くようになります。
結果的にはS字のように体全体が歪む基になります。

チェック方法!!
両足を揃えて座ります。内くるぶしの位置をチェックしてください。同じ位置なら歪みはないですが、くるぶしの位置が左右でずれていれば上下に歪んでいる可能性があります(あくまで目安です)。
kurubushi.bmp

くるぶしの位置がずれていたら、骨盤の高さを見てみてください。
これは自分でチェックするのは難しいですが、うつ伏せに寝てパートナーがいれば、両手の指を骨盤に当てて上から高さを見るんです。たぶん同じ位置ではないと思いますよ。

簡単な対処法!!
歪みの状態にもよりますが、まずはクセがあることを自覚してください。常に右足に重心がかかっていれば左足に代えるなどしてバランスをとることから始めてみてはいかがですか。

一人で調整する場合、まず仰向けに寝ます。
骨盤が上がっている側の足を思いっきり下に伸ばします。
7秒位キープしてから脱力します。
1,2回やったら高さをチェックしてみてください。
ashi-nobashi.bmp


結構即効性があると思いますよ。

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

肛門運動で気力を充実

肛門周辺には「括約筋」という筋肉があります。ここが緩んでくると所謂「締まりのない尻」になってしまうわけです。

この肛門の締まりと気力には関連があります。生まれた赤ん坊は括約筋が非常に発達していると言います。当然気力も高いですね。

一方で元気のない老人などは成人オモツを使用しなければならないケースもあります。

70歳、80歳でもハツラツとしている老人でオモツをしている人はほとんどいないのではないでしょうか。

ヨガでは尾てい骨の周辺に「クンダリーニ」と呼ばれる先天の気があってこれを活性化させることで生命力を高めるという考えがあります。

また、肛門・会陰の周辺には「ムラダーラチャクラ」というエネルギーのポイントもあります。

ここは下腹神経叢とつながっています。所謂「性力」につながる所です。性力が高まると気力も充実してきます。

最近何か元気が出ない・・・という方は肛門運動をやってみてはいかがでしょうか。

やり方は簡単。座っていても寝ていてもいいのですが、肛門をキュッ、キュッと素早く締め上げます。

スピードをつけて50から100回位やってみてください。慣れてくると終わった後に肛門が温かくなってきます。

応用編としては、息を吐く時に肛門と性器を同時に閉める「シャクティクリヤ」という呼吸法もあります。

これは吐く時に鼻から強く吐きながら素早くキュッと閉めて、吸う時は緩めます。50回程度で充分です。

栄養剤・ドリンク剤を飲む前にお試し下さい。

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

身体の歪みは簡単に生じますのでご注意を!

骨盤や身体の歪みはいけないことは誰でも知っていますが、自分の身体がどの程度歪んでいるのかあまり知る機会はないと思います。

写真を撮ったりした時に歪んでいるのを発見できたりしますが、日常生活の中では意識することはないですよね。

座っていても立っていても自分にとって「楽な姿勢」があると思います。

しかし、その楽な姿勢が歪みの現れだったりするんです。身体が歪んできてそれがクセになってくると、正常な姿勢では「違和感」を感じるんです。

よく施術をしていて発見することがありますが、患者さんには仰向けに寝てもらいます。

その時に本人は真っ直ぐに寝ているつもりなんですが、身体は横に曲がっているんです。

真っ直ぐに治してあげると「変な感じ」と思うようです。そういうケースはだいたい足の長さも違っていることが多いです。

「足の長さって均等じゃないの??」と不思議に思うかもしれませんが、これは骨盤の歪みとも関係してきます。

骨盤が上下に歪んでくると、足も揃わなくなって、その結果長さが違っているようになるのです。

通常骨盤が上下に歪んでくれば上半身も傾いてしまいます。そのバランスを取るとめに今度は上半身も歪んできます。

結局骨盤の歪みというのは全身に連動してしまうんですね。

その他に座った時に必ず片側だけで足を組むという場合も同じです。この時は骨盤が前後に歪んできます。

反対の足で組んだら違和感がある、という人はすでに歪んでいる証拠です。

歪みチェック法はこちらを参照・・・
ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ


posted by 龍仙人 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

足のしびれと坐骨神経痛

坐骨神経痛を経験されている方は少なくないと思います。私が施術している方にもいますが、最初はギックリ腰から始まったようです。

それまでは特に腰の痛みはなかったんですが、ギックリを続けて2回位やってから坐骨神経が始まったと言っていました。

主な症状としては臀部、おしりの痛みです。特に電車や車で座っていてから立ち上がる時に一番痛むようです。

やっかいなのは足のしびれが出ている場合です。軽度の場合はあまりしびれは出ないですし、あったとしても足の付け根付近までですが、重度になるとアキレス腱の方までしびれます。

足までのしびれが出てくると痛みが引くまでは時間がかかると思われます。テーピングで痛みを和らげることは可能ですが、根本的な解決にはなりません。

ですのでしびれを感じている方は坐骨神経痛を疑ってもいいと思います。まずは専門家に診てもらうのがいいですが、ヘルニアを起こしていないかもチェックしておくといいでしょう。

整体的には臀部へアプローチします。まずはお尻の中の筋肉をほぐしてあげます。しびれが出ている場合はその部分もほぐす必要があります。

それから股関節や腰をほぐして矯正するようにしています。

注射を打って痛みを止めるという方法もありますが(私の母が経験しました)、結構痛いようです。

重度の場合は数回では中々痛みが治まらない場合もあります。その場合は回数を重ねることになりますが、全く効果がなければ他の方法を試してみるのがいいと思います。

様々な施術がありますが、相性もありますので、一概にどれが一番いいとは言えません。

信頼できる施術家を見つけて通うのがいいでしょう。

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

ミネラルウォーターのセレクトショップ 「水広場」
オススメは鹿児島の「樵のわけまえ」

人気blogランキングへ



posted by 龍仙人 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

ギックリ腰と腸のマッサージ

ギックリ腰を経験されている方は少なくないと思います。特に重いものをもちあげるでもなく、布団を上げただけでもグキっとくることもあります。

普段から腹筋や背筋をある程度強化することで腰への負担が軽くなりますから予防にはなります。また、物を持ち上げる時でも一旦かがんでから持ち上げた方がいいでしょう。

でもギックリになってしまったら・・・

私も経験がありますが、ひどい時は起き上がるだけで10分以上かかってしまうこともあります。

まず動かすだけでも痛みがある時は「安静」することです。そこで無理してストレッチをしてしまったり、痛みを我慢してマッサージをしても逆にストレスをもってしまうこともあります。

これは裏技なんですが、腸をほぐすと腰もほぐれて痛みが軽くなることがあります。

腸のほぐしは自分でも可能です。仰向けに寝た状態で膝を立ててきます。膝を立てることでお腹が緩むのです。

両手を合わせて時計回りにお腹をマッサージするんですが、表面をなでるのではなく、指を深くお腹に入れた状態を3秒位キープしてから次に進むという感じです。
naizou.bmp

昔ギックリをやって腰を触るのも痛い方に腸のほぐしをやったところ、腰は触っていなくても痛みは緩和されました。

もし、うつ伏せになれる位に痛みが和らいだら今度は太ももの裏や臀部をほぐします。そうするとより腰も楽になります(これは一人じゃ出来ませんが・・・)

痛みが軽くなってから専門家に診てもらうのがいいんじゃないかと思います。

ヨガ&ヘルシーライフで元気になろう!
管理人による情報サイト

健康にいい水を飲もう!私の愛用は「樵のわけまえ」
国内外のミネラルウォーターを扱ってます。

DHCオンラインショップ

ブログランキング
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

頭皮マッサージでリラックス

美容院なんかで頭をマッサージしてもらうと気持ちよく感じますよね。

頭皮をマッサージすることで頭の血流がよくなるのと脳の緊張が取れるのでスッキリするんですね。

普段日常ではシャンプーをする時くらいしか頭を刺激する機会はないですよね。頭が疲れた時に首を回したりコメカミを押したりすることはあると思いますが、頭皮をマッサージすることもオススメします。

指でほぐすのもいいですが、手を上げたままで指に力を入れるのはちょっと疲れてしまいます。

私が実践しているのは、「げん骨マッサージ」です。これは両手でげん骨を作って指の腹で皮膚を動かすように擦るんです。

お風呂に入っている時でも寝ている時でも気軽に出来ます。ストレスを感じるのも「脳」の働きですから、脳の緊張をゆるめてあげることでリラックスしやすくなります。

頭にも様々なツボがありますので、まんべんなく刺激してあげることでツボ療法にもなるんです。特に頭頂部には「百会」という元気のツボがありますし、耳の周りや後頭部の生え際なんかも気持ちがいいですよ。
atama-hogushi.JPG

私が運営する健康情報サイト健康への扉

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

お尻をほぐして腰痛予防!!

腰痛とお尻の筋肉の硬さは関係があります。特に立ち仕事など足の疲労から腰にくる場合は臀部も凝っています。

お尻には「大臀筋」「中臀筋」と言われる筋肉がありますが、特には「中臀筋」の辺りが凝ってきます。

ここをほぐしてあげると、腰を揉まなくてもほぐれる位に効果があります。ただ結構痛いんですね。

私も腰痛の時は臀部をほぐしてもらいますが、ギブアップ寸前になってしまいます・・・ただ、終わった後はスッキリするんです。

自分でやる方法もあります。要は臀部の筋肉を伸ばすようなストレッチです。

1.座った状態から肩膝を立てます。
2.両手で膝を抱えて胸に引き付けてきます。
 角度によって臀部が伸ばされるポイントが変わりますので、微調節しながら一番「効く」所を探してください。

ギックリ腰などの場合、腰を触るだけで激痛が走ることがあります。そんな時は徹底的にお尻をほぐしてあげると腰も楽になってきたりします。30分くらいお尻だけをほぐすこともあるんです。

他人に押されるとかなり痛いですが、自分で伸ばす分には気持ちがいいですよ。
oshiri.JPG

私が運営する健康情報サイト健康への扉」遊びに来て下さい。

ブログランキングに参加しています
banner2.gif









posted by 龍仙人 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

リンパの働きを強化しよう

「リンパの流れが悪い」などとよく言います。そもそもリンパは免疫力と関係があります。

リンパ液は老廃物を運び去る働きや病原体などの感染から身体を守る働きもします。

リンパ管の節目にはリンパ腺があります。それは身体の頚部・腋窩部(わきの下)・鼠蹊部にまとまっています。

そのリンパ液の流れが悪くなるとガンや膠原病、リウマチなどの病気になる恐れがあるとされています。

特に肋骨が膠着することで流れが悪くなるケースが多いようです。肋骨が硬くなっていると腋窩部のリンパの流れに影響します。

パソコンなどで1日中姿勢を固めている上に運動をほとんどしない・・・という生活では肋骨が硬くなっても不思議ではありませんね。

またストレスを溜めることによっても硬くなってきます。

夜寝る前や仕事の合間にも簡単に出来る技法があります。

1.正座が椅子に座って首の後ろで指を組みます。その姿勢で鼻から息を吸います。

2.口で吐きながら身体を横に倒します。この時にお尻が浮かないように、右に倒す時には右のお尻を着けて、左の時は左のお尻が離れないようにします。

こうすることで骨盤と肋骨がひき離れるようになります。それによって肩甲骨の動きも軽くかり、腋も伸びてきます。左右3回でもいいですからやってみてください。腋が伸びるとかなり気分的にもスッキリしますよ。

夜にはこの他に鼠蹊部をマッサージするといいです。両手を擦って温めてから膝から足の付け根までの内側を手の平でマッサージするんです。

また開脚するようなストレッチもいいですね。

このリンパが病原体と戦っている時は炎症を起こします。従って発熱を感じている時は身体が病原体と戦争しているんです。この時に安易に解熱剤で熱を抑えてしまうと免疫機能も低下してしまうことになりまねません。

戦っている味方の邪魔をするなんて・・・これでは身体も弱くなってしまいますね。人間の身体って本来は結構強いもんなんですよ。

私が運営する健康情報サイト 健康への扉」参考に!

ブログランキングに参加しています
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ツボ刺激で元気になる 〜三陰交〜

更年期障害と言えば女性特有の症状と思われてきましたが、最近は男性にも似たような症状が現れています。また、比較的若い人にも悩まされる場合があるようです。

今回ご紹介する「三陰交」(さんいんこう)というツボは更年期障害や婦人系の疾患に効果があると言われています。

見つけ方・・・

足の内側にある内くるぶしを出発点としてそこから指4本分上に上がります。脛の骨と筋肉の境目あたりです。

ここは押してみると鋭い痛みを感じます。親指でツボに当てたらゆっくりと押していき、5秒位キープしてから離します。これを3分位続けてみてください。左右両方行います。

特に女性の場合、閉経期になるとホルモンのバランスが崩れてきます。それによって動機やめまいなどの症状に悩まされることが多いようです。

自分一人で悩んだ結果、家族と不和になったりすることもあるようですが、まずは家族の理解と協力が必要だと思います。

一人で背負わずに家族に打ち明け協力を求めましょう。打ち明けられた家族もそういう症状であると理解して支えてあげることが大切かと思います。

更年期の場合、薬で治ることも少なく、自分でもどうしていいのか分からないような状態が長期間続くこともありますが、焦らず前向きに克服していってください。

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

仙骨を締める

骨盤に興味をもっている方は「仙骨」も名前は知っていると思います。

仙骨は腰の骨(腰椎)の下にある平らな骨です。ここは手で触っても確認できます。

ここは腰椎と腸骨(ハート型をした骨)をつなぐ大切な役割をしていますが、歪んでくると記憶力低下、肌荒れ、冷え性などの症状にもつながる危惧があります。

また仙骨が身体の中心にくると背筋が伸びで重心が足の内側に寄ってきます。重心が足の内側に寄ると腹が据わり気持ちも安定しますし、内ももの筋肉が強化させますので、美脚にもつながります。

通常の「気お付け」の姿勢はお尻をちょっと出した形になりますね。これでは余分な所に緊張がはいり長時間キープするのは大変だと思います。

仙骨が身体に中心に入ると筋肉が力んでいない状態で重心が中心に安定します。中国の言葉でいう「尾閭中正」になるわけです。

その姿勢でいれば1時間立っていても疲れない位になります。現に中国の立禅という練習では立ったままの状態で1〜2時間キープするのです。

仙骨を締めるには色々な方法がありますが、ヨガのポーズで簡単に出来るのは「弓のポーズ」です。

これはうつ伏せになった状態から両手で足首を掴み身体を弓なりに反らせるポーズです。

このポーズをやってから立ってみてください。変化が感じられると思いますよ。

このサイトを応援していただける方はクリックしてくださいね
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

喘息と歪み

喘息は特に子供が患う場合が多いですね。大人になるにつれて自然と症状が治まる場合もありますが、ずっと引きずってしまう場合は大変です。

ちょっとハードなスポーツをやった時など発作を起こしてしまうこともあるようです。

喘息を治すために郊外の空気の良い所へ引っ越す人もいるようですが、都心に住んでいる場合は薬を飲みながらという方が多いと思います。

整体的には首へのアプローチを行う場合があります。

首を倒した時に一番下にある出っ張った骨「大堆」は気管と関係があります。

喘息などの場合咳き込む機会が増えます。そうすると首を倒して前かがみになりますので、大堆が歪みやすくなります。

ここへの矯正を行うことで症状が軽くなる場合があります。

また、大胸筋も張っているケースもあります。やはり咳き込むことで胸の筋肉も緊張するからですね。胸の筋肉もほぐしてあげる必要もあります。

喘息は大人になると治療がやっかいと言われています。子供のうちの方が治しやすいという人もいます。

薬で症状が治まればいいと思う方もいるでしょうが、あまり薬に頼ってしまうと薬がなければ症状が治まらない体質になってしまいます。

今の所「これ」という特効薬を見つけるのは難しいですが、やはり身体に負担をかけずに自然治癒で回復してくれれば一番いいと思います。

最近は自律神経からのアプローチで効果を上げているケースもあります。

中々症状が治まらないと焦ってしまうと思いますが、薬でダメなら東洋医学など様々な方法を試しながら気長に治療していってください。

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

下半身太りの原因 〜立ち方〜

下半身太りが気になる方、立ち方をチェックしてみてください。

武道の世界では立ち方を矯正するようにします。具体的には足の親指に力が入るようにして体重を内側にかけるんです。

体重を内側にかけるとお腹に力が入るようになります。所謂「丹田」に力が入るわけですね。

丹田に力が入ると気力が充実してきます。判断力・思考力なども向上してくると言われています。

しかし、体重が外側にかかっているとお腹に力が入らず、「虚」の状態になります。

そうすると先程とは逆に気持ちが充実しにくくなってしまいます。

また、体重が外側にかかっていると「骨盤が開いて」くるようになります。

骨盤自体は開いたり、閉じたりしますので、開くこと自体は問題がありませんが、常に開いた状態になっていると様々な疾患が表れます。

女性の場合、骨盤の歪みと婦人系の疾患は関連があると言われますので注意が必要です。

その他に骨盤が開きっぱなしだと内蔵も下がってくる場合があります。内臓が下がれば機能が低下しますし、女性が嫌がる「下っ腹ぼっこり」の下半身太りにもつながってきます。当然基礎代謝も低下します。

そして足の外側の筋肉に無駄な肉がつきやすくなり、足も太くなってしまいます。

ちょっとした姿勢の歪みから全身へ連動してしまうんですね。
簡単にチェックするには靴の裏を見てください。外側の方が減ってきていれば要注意です。

まずは立ち方を見直してください。

ブログランキングに参加しています
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

O脚予防法

O脚に悩んでいる女性は多いと思います。原因については様々ですが、骨盤の歪み、ももの内側(内転筋)・大腰筋の衰えなどが考えられます。ここでは、簡単な技法でO脚を予防する方法をご紹介します。

1.まずはももの内側と大腰筋を強化する方法です。クッションなどを用意します。太ももで挟んで両足を浮かせます。ゆっくり腹式呼吸をしながら10〜30秒キープします。2〜3セットを目安にやってみてください。

クッションが厚い方がももを絞める筋肉を刺激します。脚を上げたままが難しいようでしたら、吸いながら脚を上げて吐きながら降ろすという方法でもOKです。無理をしないで下さい。
Okyaku1.bmp

2.次は内ももを中心に強化するものです。クッションを太ももで挟んで膝を曲げます。息を吐きながらクッションを潰すようにして内側に力を入れます。吸いながら力を緩めます。

クッションを厚くすると負荷が強くなります。フィットネスジムのマシンと同じようなエクササイズですよ。

10〜20回を目安にしてください。
Okyaku-kaizen2.JPG

太ももの内側が強化されれば、脚が引き締まってきますよ。

ブログランキングに参加しています
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

大腰筋を鍛えて下半身太りを防ごう!3

下っ腹が出る「下半身太り」って気になりますよね。原因の一つに「大腰筋(だいようきん)」の衰えがあります。

大腰筋は背骨と股関節をつなぐ体の中の筋肉(深層筋)になります。これが衰えてくると内臓が下がってきます。内臓が下がってくると基礎代謝が落ち、脂肪も燃焼しにくくなってしまいます。

通常の腹筋運動は表面の筋肉運動になりますので、中々深層筋は強化されません。

ここでは、大腰筋を強化する技法をご紹介します。

1.仰向けになって寝るか、上半身は起こします。両足を少し浮かせます。

2.膝を伸ばしたままで足を上下に動かします。できればこの時に足が床に着かないようにします。

呼吸は自然にして、ゆっくり動かしながら、お腹の内側を意識して行います。

足の表面の筋肉はあまり力まないようにします。20回〜30回を目安にして下さい。

daiyoukinB.bmp

ブログランキングに参加しています
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

ミュールに気をつけて!

オシャレに気を使う女性が根性がありますよね。寒くてもミニをはいたり、歩きにくそうなヒールを履いたり・・・

健康かオシャレか・・・どちらを選択しますか?

若い人だったらやはりオシャレの方ですかね。しかし、体に負担をかけたばっかりに健康を害しては何にもなりませんよ。

靴には気をつけたいですね。脚から体の歪みと続くケースが結構あるんです。

地面についているのは土台の脚ですから、土台が崩れてくると必然的に上にも影響が出てくるわけです。

特にミュール系・・・

多くの女性が履いていると思いますが、かかとがあまり高いものはお勧めしません。よく前につんのりそうな位に高いものを履いている女性がいますが、巻き爪や外反母趾にもなりかねないですよ。

歩く時には脚の指(特に親指)に力が入るようにするといいんですが、ヒールが高いと必要以上に指に負荷がかかってしまいます。

さらにつま先が細くなっていると指全体が萎縮してしまいます。そうすると脚の指の血行不良にもつながります。

昔の人は下駄を履いていましたが、あれはよく出来ていますね。指にも力が入りますし、脚の運動にもなります。

さすがに現代の女性で下駄履いて街を歩いたら怪しい目で見られてしまいますが、外で負担をかけた分、家では手入れをしていただきたいです。

裸足でいるのもいいと思いますが、脚の指の間に手の指を入れて足首をクルクル回すのもいいと思います。

脚の裏や指にはツボが沢山集まっています。気合を入れてのオシャレもいいですが、ちゃんとケアもしてあげて下さい。

外見はよくても、体はボロボロ・・・なんてことにならないように!!

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

背骨を柔らかくしよう! 2

背骨が硬い方は要注意です!!背骨のラインには自律神経が沿うように通っています。自律神経は内臓などの機能を調節する機能なので、背骨の歪みは内蔵機能の低下につながります。ここでは、背骨を柔らかくする技法をご紹介します。

1.まず、正座をして座ります。膝の間隔は少し広げます。両手を首の後ろで組みます。背骨を真っ直ぐにして息を吸います。
seboneB-1.bmp

2.口から息を吐きながら、背骨を横にねじっていきます。
この時に、肘の力で無理にねじらないようにして下さい。体の中心から背骨を1本づつ可動させるようにします。この次はまた息を吸って正面に戻り、吐きながら逆にねじっていきます。
seboneB-2.bmp

濡れた雑巾をイメージしてください。雑巾を絞ると水が出てきますね。背骨をねじりながら体の残気を出すようにします。

ですから、沢山鼻から吸って、「ハー」と口から沢山吐きます。

背骨は立体的な動きをします。丸める・反る・ねじるなど様々な方向から可動させて柔軟性を高めます。

このサイトを応援していただける方はクリックしてくださいね。
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ギックリ腰の対処法

ギックリ腰の経験をされている方は少なくないと思います。一度経験するとクセになる場合があります。

ギックリは簡単に言いますと、腰の筋肉が雑巾を絞るように収縮してしまう現象と言えます。

通常は重たいものを持ったり、スポーツなどをやっていて身体を捻ったときなど急に負荷がかかった時になりやすいと思います。

ただ、クセになってしまうと・・・

・布団を挙げる
・座っていてて立ち上がる
・くしゃみをする

などの日常の何気ない動作からギックリになる場合があります。

予防法としては、例えば軽いものを持ち上げる場合でも腰だけをかがめて持たずに、一旦しゃがんた状態からゆっくり持ち上げるようにします。

腰だけをかがめて持ち上げようとすると腰に負荷がかかりますので、クセになっている場合は軽いものでもギックリになる場合があります。

腰が弱い方はまず「腹筋」「背筋」を強化するといいでしょう。

特に腹筋が弱いと腰の方に負担がかかりますので、痛める原因にもなります。年を取って腰が曲がってきてしまう方は腹筋が弱いために身体を支えられずに曲がってきてしまうと考えられます。

腰は何もしないで座っていたり、立っていたりするだけでも200キロ位の負荷がかかっていると言われています。

私も腰を痛めたことは何度もありますが、どんな動作をするのでも辛いです。くれぐれもご注意ください。

このサイトを応援していただける方はクリックしてくださいね
banner2.gif
posted by 龍仙人 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 整体法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする